百福 

工芸作家の器の店 南青山

清水なお子展 0 明日始まります

1月30日(土)から始まる「清水なお子展」の器、並びました。

清水なお子さんとは10年以上の長いお付き合いがありますが、ももふくで個展を開催していただくのは初めてです。

そこで、今回はまず、清水なお子さんはどんな人なのか、をご紹介させていただきます。

清水さんは1974年 大阪生まれ。京都精華大学の陶芸専攻を卒業したのち、藤塚光男氏に師事。2000年に独立し、現在の京都亀岡に工房をかまえました。独立して21年になります。

染付の師匠についていますが、修行時代は絵付けの仕事はしたことがなかったそうで、独立してから絵付けをはじめたのだそうです。なので、最初は絵を描くことができず、大学の先生が主催する「陶画塾」に通って、陶磁器に絵を描くことを習いに行ったのだそう。

そこで、絵付けの決まり事などを習いながら、少しずつ作品に反映していったとか。

はじめの頃は、染付で絵柄をいれる際に、いかに少ない絵柄で器をみせるかに悩まされたそうですが、色絵を始めた頃から、次第に書き込みを増やしていったそう。

「この21年で、ご自身の中で変わったことはありますか?」と尋ねてみました。

「始めた頃は、いいと思わなかった古典に、最近はとても面白さを感じています。

例えば、「山水」という絵柄があります。若い頃は興味がありませんでしたが、今は、自分も描きたいと思いはじめました。

なので、山水を描くことに挑戦しています。先人に到達することは難しいですけれども、自分なりの山水を描きたいと思います。

今回大皿に描いたDMの「龍」も、以前は描きたいと思ったことはありませんでした。でも、最近は「龍」を描きたい。

以前は興味のなかったことに、目が向くようになった。こういうことは、年を重ねていくよさだと思っています。

だから、まだまだ道半ば。もっともっと描けるようになりたい。

陶芸は一生をかけてやるものと決めています。」

とおっしゃっていました。

そんな清水なお子さんの「今」がつまった器が並びました。

淡い染付と明るい色絵。
春の食卓にふさわしい絵柄が描かれた器と一緒に、皆さまのご来店を心よりお待ちしております。


清らかな青で描かれる染付。 
春を感じる色使いの上絵。 
手にすると心にぽっと明かりが灯るような 
清水なお子さんの器が並びます。 
ぜひいらしてください。 

会期 2021年1月30日(土)〜2月5日(金) 
会期中無休 
営業時間 12時~18時 最終日17時まで


百福
〒107-0062
東京都港区南青山2-11-6 1F
不定休
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 – 19:00
不定休
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

・地下鉄銀座線 外苑前駅 4a出口 徒歩5分
・地下鉄銀座線 半蔵門線 大江戸線 青山一丁目駅 5番出口 徒歩5分
※専用駐車場はございません。
お車でお越しの場合は、近くのコインパーキングをご利用ください。

百福HP
オンラインショップ
instagram
Twitter
Facebook
地図