百福 

工芸作家の器の店 南青山

うつわ合せの基本 2 

さて、うつわの合わせ方、ももふく流、2回目。

前回、器を組み合わせを考えるときは、まず、素材の違うものを組み合わせるといいですよ、ってお伝えしました。
今回は、器の大きさの組み合わせ方です。

基本は、一つの食卓で、大小いろいろな大きさの器を組み合わせる、ということ。

例えば、今日の朝食。

メインの生姜焼きは5寸皿

れんこんのきんぴらは4寸深小皿

付け合わせのキャロットラペは3寸弱のお猪口

そして、飯碗、汁椀、という組み合わせです。

メインが大、副菜1が中、副菜2が小、となってまいます。
こうすることで、食卓の景色にリズム感がでて、目を楽しませてくれます。

そして高さ方向。
高さのない平皿をメインにもってきたときには、副菜には少し高さのある器を。
またメインに鉢などの深さのあるものをもってきたときには、副菜には平皿を合わせる。
こうすることで、見た目に奥行き感がでます。

これは、朝食のような軽い食事のときも、夕食などで沢山の器を並べるときも、考え方は一緒。

普段のありきたりのおかずであっても、盛り付ける器を工夫することで目先が変わり、いつもの定番の料理も楽しく美味しくいただけますよ。

ぜひお試しください。


百福
〒107-0062
東京都港区南青山2-11-6 1F
不定休
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 – 19:00
不定休
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

・地下鉄銀座線 外苑前駅 4a出口 徒歩5分
・地下鉄銀座線 半蔵門線 大江戸線 青山一丁目駅 5番出口 徒歩5分
※専用駐車場はございません。
お車でお越しの場合は、近くのコインパーキングをご利用ください。

百福HP
オンラインショップ
instagram
Twitter
Facebook
地図