百福 

工芸作家の器の店 南青山

「進撃の巨人」にはまる

いつぞやの朝食。新鮮な鯖は青く、美味しかった。
切り身の魚は、5寸(径15cm)前後の皿にのせると、バランスがよく見栄えがしますよ。器を選ぶときの参考になさってくださいね。

今日のひとりごと。

先日まで、Netflixで「進撃の巨人」にはまっていました。一気にSeason3まで見てしまった。2020年に「The Final Season」の放映が決まったそうで、今から楽しみです。

「進撃の巨人」は、諫山創の大ヒット漫画を原作とするテレビアニメで、2013年にスタートして、先日2019年4月にSeason3が放映されたばかり。ハリウッドで映画化も決まっているのだそう。日本のアニメ、ハリウッドで映画化されるとイマイチなのが多いので心配ですが 笑

アニメにはまるのは何年振りだろう? たまに、アニメにはまることがあります。面白いですよね。

最近のアニメは、というか、漫画もそうなんだけれども、わたしが育った時代と、今の時代は、キャラクター肉付けのされ方が違うように思う。今時のキャラクターたちは、ものすごく大人っぽく、頭がよく、世界が見えていて、ものわかりがよくて、びっくりします。ドラえもんやのび太、アムロやシャアとは違う。ベクトルが自分ではなく、世界とか、他者に向けられている、というところが、すごい。

この話、2015年本屋大賞をとった上橋菜穂子の「鹿の王」に、どことなく雰囲気が似ているような気がする。こちらもアニメ化されるのだとか。

今の時代には、こういうファンタジーが求められているのかなぁ。子供に求められているのか。大人に求められているのか。どっちもなのか。そして、それはなぜだろう? などと考える。それも面白かったりする。こういうもので育つ子供達は、わたしの年代の人間とは、違った社会、違った未来を作るに違いないのだ。

 


百福
〒107-0062
東京都港区南青山2-11-6 1F
不定休
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 – 19:00
不定休
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

・地下鉄銀座線 外苑前駅 4a出口 徒歩5分
・地下鉄銀座線 半蔵門線 大江戸線 青山一丁目駅 5番出口 徒歩5分
※専用駐車場はございません。
お車でお越しの場合は、近くのコインパーキングをご利用ください。

百福HP
オンラインショップ
instagram
Twitter
Facebook
地図