うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

天野志美さんの金継教室2回目でした

今日は天野志美さんの金継教室2回目。

「割れ」の器を漆でノリをつくり接着していきました。

天野さんは糊漆を作る際には、「ごはん」を使っていますが、
こちらは練るのに、とても時間がかかるのと、コツが難しいので、
今回は上新粉を練って、糊漆をつくります。

それを、割れた器の断面にしっかり塗っていき、
少し漆を乾燥させてから、器を接着し、固定しました。

割れの器は、この最初の接着のところが難しく、
ずれて段差ができてしまったり、糊漆が足りずに剥がれてしまったり、
ということが起こりやすいところです。

割れた器どうしがずれないように、圧をかけながら、
しっかり接着し、ずれないようにテープなどで保定します。

今日は、室内の温度も高めで、漆の乾燥が早かったので、
うかうかしていると、漆が乾いて接着できなくなってしまいます。

すばやい作業が必要なようでした。

漆は植物から採れるものですから、扱いは食べ物と同じ「生もの」扱いです。

作った糊漆が余った場合は、冷蔵庫などで保管し、
早めに使い切るのがよいそうですよ。

次回3回目。
今回補修した箇所の漆が乾燥して痩せてきますので、
その上から、改めて漆を乗せていく作業をしていきます。

されまで、今日修復した漆をじっくり乾燥させるために、器をねかせておくのでした。


うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14
原町田ハイツ101
TEL 042-727-7607
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 – 19:00
定休日 日・月・祝
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

小田急線・JR横浜線 町田駅より
徒歩10分〜15分
※専用駐車場はございません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。

ももふくHP
オンラインショップ
入荷のお知らせ
地図
Twitter
Facebook
instagram