百福 

工芸作家の器の店 南青山

ぜんざいを蜂谷隆之さんの高台付蕎麦猪口に

寒い、寒い、とはいえ、やっぱり暖冬ですね。
ほんの何年か前までは、この季節は、耳あてをしないと、犬の散歩に出られないような日がありましたけれども、最近は、耳あてなんて必要ないですものね。お店でも、あまり見かけなくなりましたね。耳あて。

そんな暖かな冬ですけれど、体が温まる、甘くてやさしい味の、おしるこやぜんざいを、無性に食べたくなったりします。そういえば、関西では、節分に「厄除けぜんざい」をふるまうとか?小豆の赤色が厄を除けてくれるのだそうで。

こちら関東では、あまりなじみがないように思いますけれども、この季節にぜんざい、いいですよね。

というわけで、小豆をコトコト煮てみました!

というのはウソで、富沢商店で煮てあるものを買ってきました 笑 いまだに残っているお正月のお餅を焼いて、どぼんと入れて、いただきました。

ほんのりあまくて美味しい。濃く入れたほうじ茶と一緒だと、また一段と美味しい!

今回、ぜんざいを入れた椀は、蜂谷隆之さんの高台付蕎麦猪口です。李朝の椀を模した、この形が、本当にカッコよくて。

蕎麦猪口というくらいですから、そんなに大きな椀ではないのですが、意外とたっぷりな容量。

食事のときに、沢山はいらないけれども、ちょっとは味噌汁が欲しい、という方にも、いい感じのサイズです。

うっすら下地のすける「木地呂」というタイプです。使い込むと艶が出て、木地の木目が、もう少し見えてくるようになります。いい味わいになります。おすすめ。

蜂谷隆之作 高台付蕎麦猪口 木地呂
径9.5cm 高さ7cm
6480円


百福
〒107-0062
東京都港区南青山2-11-6 1F
不定休
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 – 19:00
不定休
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

・地下鉄銀座線 外苑前駅 4a出口 徒歩5分
・地下鉄銀座線 半蔵門線 大江戸線 青山一丁目駅 5番出口 徒歩5分
※専用駐車場はございません。
お車でお越しの場合は、近くのコインパーキングをご利用ください。

百福HP
オンラインショップ
instagram
Twitter
Facebook
地図