うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

林拓児展 1 林さん

はじまりました。
「林拓児展」。
初日の昨日は、たくさんの皆さまにご来店いただき賑わいました。

林さんの器をはじめてご覧になるという方も、
ちらほら。

「やっと見ることができました!」
「手に入れることができて嬉しいです!」
と言っていただけて、こちらも嬉しくなりました。

林さんとのお付き合いは何年になるかなぁ。
多分8年とか、それぐらいだと思います。

初めて見た時の「なんてかっこいいんだろう!」
「美しいものを作る人だなぁ!」
という感動は、今もかわりません。

どうしたら、こういうものを作れるんだろう?
何がきっかけで、作るようになったんだろう?
って、思っていたので、
在店してくださっていた昨日、
いろいろお話を伺ってみました。

林さんは、ご実家が瀬戸で焼き物やさんだったとか。

もともとは、その家業を継いで、大きな窯で、
大量の器や、工業製品のパーツなどを作っていらしたそう。

そんな中で、自分の方向性を探ったのち、
大量生産の仕事をやめて、作家として独立したのだそうです。

子供の頃から、ものづくりが好きだったそうですが、
家業が焼き物やだったので、かえって、子供の頃には興味がなかったとか。
学生時代は、ガラスにはまって、作っていたそう。

それでも家業を継いで、焼き物をやっていく中で、
どうしたら、もっといいものが作れるか、と模索していくうちに、
焼き物の面白さ、形を作ることの面白さに夢中になったのだとか。

最近は、中国の古陶磁や、瀬戸の古い焼き物にある、
美しさのエッセンスを自分の作る器に表していきたいと、
形や釉薬をいろいろ試しているとか。

今回の個展では、定番の器のほかに、
そんな器も並んでいます。

 

初日を終えて、完売したもの、数が少なくなっているものもありますが、
まだまだ魅力のある器がたくさんあります。

林さんの作り器に会いに、
ぜひ、ももふくまでお運びください。

 


 

古き良きものにならい、その美しさを、
普段使いの器として形にしている林さん。
料理を盛る楽しみ、並べる楽しみのある器たち。
ぜひ手にしにいらしてください。

10月20日(土)〜26日(金) 「林拓児展」
12時〜19時 (最終日17時まで)
会期中無休


うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14
原町田ハイツ101
TEL 042-727-7607
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 – 19:00
定休日 日・月・祝
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

小田急線・JR横浜線 町田駅より
徒歩10分〜15分
※専用駐車場はございません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。

ももふくHP
オンラインショップ
入荷のお知らせ
地図
Twitter
Facebook
instagram