百福 

工芸作家の器の店 南青山

毎日、朝ごはんをせっせとUPしている理由

朝ごはん
鮭に春菊のおひたし
白菜の浅漬け
梅干し
白ごはん
豆腐とわかめとネギの味噌汁
お茶
コーヒー


鮭の器
荒賀文成作 黒菓子皿
白菜の器
渡邊心平作 染付市松文中平皿
梅干しの器
清水なお子作 色絵像文六角小皿
飯碗
石田辰郎作 粉引飯碗
汁椀
蜂谷隆之作 百福オリジナル汁椀
湯呑み
古川桜作 染付トクサ文筒湯呑み
マグ
角掛政志作 粉引面取りマグカップ


毎日、朝食をこうしてインスタやブログにUPしているので、
料理好きで、きちんと生活している人、と思われているようで、

「料理嫌いなんですよねー」
「食事もテキトーでいいんですけど」

というと、結構驚かれます。

なんというか、器屋をはじめた理由のひとつに、
「食べるのが苦手だから、器にたよっている」
という部分がある。

若かりし花の二十代、
ごはんが食べられなくて、苦痛で仕方がなかったのです。

そんな時、たまたま手にした飯碗が粉引の作家もので、
ごはんをよそった時、
ツヤツヤと輝くお米と、
粉引のやわらかな雰囲気が絶妙で、
「おいしそうだなー!」
って思って。

その飯碗に合う、漆の汁椀が欲しくなって、
ちょっといい汁椀を手にいれた。

まずは、これだけ食べてみようか、って思って。
ごはんと味噌汁だけは、食べるようになった。

だからといって、食べるの苦痛、
っていうのがなくなったわけではないのだけれども、
「おいしそうだなー!」って大切だなーって、
「器って大切」って思ったのです。

「食」に「欲」がわかなくても、
「器」には「欲」がわく。

器に盛られた料理が絵になっているときの、
あの、「わーーーーーー♡」
っていう感じ。

いいよね。

って、意味不明ですかね 笑

食欲がないときでも、
「わーーーーー♡」
があると、
ちょっと元気に、なるでしょう。

っていうか、わたしはそうなのですが。

それっていいなぁ、って思って。
器っていいなぁ、って思って。

それで、今、器屋をやっているのです。
そして、毎日、朝食をUPしたりしている。

誰かが「わーーーーー♡」ってなってくれるといいなぁ、と思って。

たまに、「わーーーーー♡」っていうメッセージをいただきます。

それを見て「よっしゃー!」
って思うわけです。

ごはんを用意するのは面倒だけれども、
食べるのも、実は面倒だったりするのですけれども、
たまにある「よっしゃー!」が嬉しくて、
こうして続けているわけなのです。

ああ、犬だな、と思う。
「たまにあたえられるご褒美は行動を強化する」
間欠強化・・・

あれ、なんの話だっけ?


百福
〒107-0062
東京都港区南青山2-11-6 1F
不定休
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 – 19:00
不定休
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

・地下鉄銀座線 外苑前駅 4a出口 徒歩5分
・地下鉄銀座線 半蔵門線 大江戸線 青山一丁目駅 5番出口 徒歩5分
※専用駐車場はございません。
お車でお越しの場合は、近くのコインパーキングをご利用ください。

百福HP
オンラインショップ
instagram
Twitter
Facebook
地図