釉薬って何?

      2013/12/10

釉薬

上右 白磁の蓋もの
上左 土もの
下 焼締 

器は、暮らしの道具です。

細かいことを知らなくても使えますけれでも、知っておくと、役にたつことがあるかもしれません。

というわけで、器の基本、釉薬についてお話ししましょう。

釉薬(ゆうやく、うわぐすりとも言います)というのは、器の表面を被っているコーティングのようなもの。

釉薬は植物の灰に金属などを混ぜて作ったもので、それを器の生地に掛けることにより、窯の中の炎や熱で生地の土と化学反応を起こし、土の表面で溶けて固まります。

これが器に表情をつけて雰囲気をだしたり、水分や汚れを土台にしみ込みにくくしたりしているのです。

釉薬によって器の表情がぐ~んと変わるので、器の話をしていると「これはりんごの灰でつくった釉薬で~」とか「鉄分の多い釉薬で~」という話題になったりするのです。

器には、

釉薬がかっているものと、
釉薬がかかっていないもの、

があります。

陶器でも磁器でも、そうです。

釉薬がかかっていないものは焼締といわれることが多く、焼締めの中でも、土ものは南蛮と言われるものもあります。

焼締は焼締で、土そのもの、土と炎の反応そのものの、ワイルドな味わいがあり、釉薬のかかったものとは違った魅力がそこにはあります。

焼き物って面白いのです。

 - 器の基本

陶器と磁器のちがい

      2013/12/10

今回は器の基本、陶器と磁器の違いについてお話しますね。

焼き物には、

「陶器」「磁器」

があります。

世界中、
どこでも。

陶器というのは、土ものとも言われていますけれども、
粘土からできています。

対して磁器は、石ものとも言われ、
簡単にいってしまえば、石の粉を砕いて練ったものでできています。

陶器の粘土のほうが、粒子が荒く、
磁器の磁土のほうが、粒子が細かい。

ですから、陶器と磁器では焼き物の雰囲気が
全くちがいます。

陶器

↑こちらが陶器。

磁器

↑こちらが磁器。

陶器のほうが土味のある、やわらかな雰囲気。
磁器のほうが硬く、端正できりりとした雰囲気。

実際にも、陶器のほうが柔らかく、磁器のほうが硬く焼けています。

 

陶器は吸水性があり、磁器は吸水性はない。
(陶器は吸水性があるので染みになったりします)

その違いが雰囲気だけでなく、使い勝手の面でも違ってくるわけなのです。

器には陶器のものと磁器のものがあります。
もちろんガラスも漆器もありますヨ。

覚えてくださいね。

 - 器の基本

木のトレーのお手入れ

      2013/12/06

$作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

一枚板のオイル仕上げのトレー。

 

使っていくと、どんどんオイルが抜けて「白茶け」てしまいます。

 

画像は、ウチのトレー。おおよそ何年も手入れなんぞとは無縁にしていたもの。(上が栗、下がくるみ。)

 

写真に撮ると、無惨な感じ・・ですが、毎日使っているので、実は、全然気にならない(のは、我が家が無頓着だから、というのもある)。

 

が、たまには手入れをしてあげましょか、ということで、今日は、オイル仕上げの木のトレーの手入れの仕方です。

 

まず、画像でもお分かりいただける通り、黒い染みになっている部分があります。

 

木のトレーに、ついうっかり、鉄瓶を置きっぱなしなしたり、お茶をこぼしっぱなしにしたりすると、鉄だの漆だのが溶け出して酸化し、色を付けてしまいます。

 

ので、まずは、それ彫刻刀などで削ってしまいます。

作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

こんな感じ。このトレーの場合、彫り跡が荒いものなので、大きめの彫刻刀で削ってみました

が、それでも削り跡が目立ちますね。ま、いいのです。

 

この染み跡などを、ヤスリなどで磨いてしまいますと、「磨かれてしまって」せっかくの雰囲気が変わってしまうので削ることにしたのです。

 

彫り跡のあるトレーなどは、木自体は本当にやわらかいので、力を入れて削ったりすると、がっつり削れて、穴になってしまったりするので要注意です。

 

削る時は、やさしく、力はいれず、控えめに、削ります。

作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

削った跡を、200番~400番の紙ヤスリで周りとなじませます。

作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

その後、全体を、なんとなーく適当に、やりすぎないように、毛羽などを拭き取るように1000番~2000番のヤスリをかけます。(これはしなくてもOK)

$作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

そうしたら、家にある食用油をウェスなどで塗込みます。

 

今日はオリーブオイルを。

 

ちなみに、作り手はエゴマ油と蜜蝋を混ぜたものを塗っている方が多いです。

 

が、家にある食用油で全然問題ありませんので、何でもいいのです。ニオイが気にならなければ。

 

すりすり。すりすり。

作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

画像だと、ちょっとわかりにくいかもしれませんが、なかり油でベトベトになります。

 

適当に塗込んで、乾かします。

 

適当に乾かしたら、乾いた布で拭き上げて完了です。

 

ちなみに、油はなかなか乾きません。

 

けっこう長い間、塗った油が染みでる感じがあります。(入荷したてのトレーなども、結構油ギッシュ♪なのですよ。)

 

ですから、油を塗ってしばらくの間は、トレーに大切な紙類などは置かないほうがいよです。紙が油を吸ってしまうので。

 

塗ってしばらくは、和紙や新聞紙など、余分な油を吸収してくれる紙に包んで収納したほうがよいですよ。(でも仕舞いっぱなしにすると、紙がトレーに張り付きますのでご注意ください)

 

油を塗ったトレーを置く場所にもお気をつけください。布や無塗装の板の上などに置くと、下にも油が移って染みます。

 

気長に、付き合ってやってくださいね。

$作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

ついでにスプーンもお手入れ。右が塗ったもの。左が塗っていないもの。

作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

ついでに、拭き漆の黒檀のお箸もお手入れ。右が塗ったもの。左が塗っていないもの。

 

箸などで、拭き漆などのものは、どうしても漆がはげてきます。

 

漆を塗り直しという方法もありますが、オイルを塗込むだけでも十分。

 

こうして、お手入れすれば、ずーっとお使いいただけますので、ぜひ、お試しください。

作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

じゃーん。今日、オイルを塗ったものたち。

 

新聞紙の上で、しばらく乾かして、また拭いて、完了。

 - 器の取り扱い

漆器の取り扱い方 

      2013/12/11

漆器

今回は漆の取り扱い方です。

究極の和食器といえば「漆器」です。
なんといっても漆は英語でjapanというくらいですものね。

今どきの暮らしの中では、なかなかなじみがなく、なにかと敬遠されがちな漆ですが、使えば使うほど理にかなった実用の器なのです。

漆器の詳しいの話はまた別の機会に。
まずは、漆の取り扱い方をお伝えしますね。

漆器は基本的な使い方は陶磁器やガラス食器と同じですが、より自然に近い素材ですから、少しだけ気をつけていただけると長く美しく使えます。

・洗うときは水やぬるま湯で、スポンジや和太布(びわこふきん)などのやわらかい素材のもので、やさしく洗ってくださいね。スポンジの硬い面で洗ってはダメですよ。キズだらけになってしまいます。

・中性洗剤を使っていただいても大丈夫です。強酸・アルカリ・漂白剤などは、漆をいためますので避けてください。(天然系の洗剤、ラベルに「漆器には使えない」と書いてありますものね。)

・クレンザーなど研磨剤の入ったものは、細かいキズの原因となりますので、こちらも避けてくださいね。

漆器は、洗剤を使って洗っても大丈夫ですげども、洗剤を使わないほうが、ツヤがでて美しくなります。

・漆は丈夫なものですが、ぶつければへこみますし、こすれば傷がつきますし、高い位置から落とせば
割れることもあります。洗うときは陶磁器のうつわや包丁などで傷をつけないよう、できれば別に洗いましょう。

・洗った後は布巾などに伏せておいても大丈夫ですが、水滴の跡が気になったりツヤを出したい場合などは、やわらかい布巾で拭いてください。きゅっ、きゅっと音がでるくらい、しっかり拭きあげるとツヤツヤに成長していきます。

 

・急激な温度変化を加えると木地や漆膜が傷みますので、食器洗浄機や乾燥機は不可。使ってはいけません。電子レンジもダメですよ。もちろんオーブンも不可。

・水に浸け放しにするのは1晩程度なら問題ありませんが、できるだけその日のうちに洗いましょう。キズがある場合、そこから水が侵入して中の木地を膨張させしまい、結果ヒビ割れなどがでやすくなってしまいます。どうぞお気をつけ下さい。

難しく考えず、普通に扱えば、大きな問題はありませんので、どうぞ漆器もじゃんじゃん日々の食卓の仲間に入れてくださいね。

 - 漆器, 器の取り扱い, 器あれこれ

器の取り扱いについて 6 収納について

      2013/12/06

ただ今、和食器の基本、器を購入したら知っておきたいことについてシリーズでお伝えしています。

第6回目は収納です。

器。

器好きになればなるほど、器道にはまればはまるほど、悩むのが収納です。
で、どうすればいいか。

収納、増やすしかありません。収納増やしましょう。
コツなんてありません。キッパリ。

収納増やして器もどんどん増やしましょう、が正解です。

by器屋のホンネ!

なんて言っていてはダメですよね。

では、まじめな話。

・手作りのうつわは、大きさ・形もバリエーションが豊かであるゆえに結構かさばるものです。
重ねて収納する際には、古布などをうつわの間と間にはさんで、うつわが傷つくのを防ぎましょう。

・重ねる場合は、できるだけ同じ大きさのものを重ねます。

・違う大きさの器を重ねるときは、大きい重たい器を下のほうに、軽いものは上に重ねます。

・最近多い引出しタイプの収納にしまう場合、引出しにはズレ防止のマットなどを敷きます。これを敷かないと、引出しを開け閉めする際に、器が中で滑ってぶつかったり、割れたりします。
ちなみに、マットもずれないよう固定しましょう。固定しないとマットごとずれます!

・大皿などのを引出しタイプの収納にしまうと、その重さでどうしても中ですべって移動し、割れるようなことが多いので、大きな器は引出し収納に向いていません。棚に重ねて置く方がいいですね。

うつわはデリケートな面もありますので、やさしく丁寧に扱ってくださいね。

 - 器の取り扱い