うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

田井将博さんと高木剛さんがやってきた!

先日、ガラス作家の田井将博さん(左)と粉引の高木剛さんが、
店に遊びに来てくれました。

田井さんは香川から、高木さんは京都から。
なんでも来る途中で出会ったので一緒に来たとか。

なんか、似たお二人です。
年齢も一緒。

そんなお二人に今年はどんな一年だったのかを聞いてみました。

ガラスの田井将博さん。

今年はとても忙しい一年だったそう。
7月にももふくで開催した3人展の作品も、
大好評でした。

注文も殺到しているそうで、
田井さんの工房で開催していたガラスの体験教室は、
今はお休みしているとか。

「来年はどんな年になりそうですか?」

「しばらくは、今作っているモールの輪花のシリーズに、
力をいれてやっていきたい」

とおっしゃっていまました。
そんな田井さんには、来年の夏にも再び展示会をお願いしています。
2人展の予定ですが、決まりましたら、また詳細をお知らせしますね。

粉引の高木剛さん。

今年は「高台皿」が大人気でした。
以前から、ずっと作ってもらっていますが、
今年は本当に沢山の方の元に旅立っていきました。

「人気の秘密はなんでしょう?」

「李朝の祭器の写しで、形が好きで作っていたんですけれど、
もともとそんなに売れる器ではなかったんです。
それを京都のお菓子屋さんで使ってもらえるようになって、
それが最近、SNSで広がった、という感じです」

「白っぽいもの、御本のあるもの、土味の効いたもの、
いろいろ作ります。好きなタイプを選んでもらえれば」

とおっしゃっていました。
また、

「最近薪窯の仕事が楽しい。
(薪窯用に)土を作ったり、薪を割ったり、という、
作業や手間が、自分の仕事のペースにしっくりくる。」

高木さんには、来年9月の終わりに個展をしてもらうのですが、

「個展には、期待されている以上のものを持っていきます!」

と力強くおっしゃっていましたので、
皆さまも、どうぞ、期待を沢山かけて、楽しみにしてくださいね^^

そんな感じで、制作のこと、家のこと、作業場のこと、
などなど、いろいろな話で盛り上がりました。

作り手の話は楽しくて、ぜんぜん飽きないのですよ。
ついつい長話になってしまいます。

個展や展示会など、作家がいるときは、
是非皆さんも、いろいろお話を聞いてみてくださいね。

 


うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14 原町田ハイツ101
TEL 042-727-7607
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 – 19:00
定休日 日・月・祝
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

小田急線・JR横浜線 町田駅より徒歩10分〜15分
※専用駐車場はございません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。

ももふくHP
オンラインショップ
入荷のお知らせ
店主日誌
地図
Twitter
Facebook
instagram