うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

相模原の田谷直子さんの工房にお邪魔しました

先日、11月25日(土)〜12月1日(金)に個展を開催していただく、
田谷直子さんの工房にお邪魔しました。

田谷さんの工房は、相模原の津久井湖の近くにあります。
満開の野菊たちが作品と一緒に迎えてくれました。

工房では、今回の個展に持ってきてくれる器たちなどなどが、
棚にびっしりと並べられていました。

田谷さんの器は、しっかりとした作りの土もので、
厚手すぎず、薄手すぎず、
丁度よい重さや、強度、汚れにくさがあって、
とても使い勝手がよい。

家庭料理を、どーんと受け止めとくれる、
おおらかさが魅力です。

「自分で使って気になる部分を、そのつど試しながら、
少しずつ改良して言っています。」

との言葉どおり、例えば電子レンジに入れられたりもしますし、
貫入の多い器でも、シミなどになりにくい釉薬になっていたりします。

「今回はポットや蓋物をたくさん作っています。
このなかから、いいものを選んで持っていこうと思っています」
とおっしゃっていました。

ポットの作りの話や、釉薬のかけ方の話、
使っている土の話など、いろいろお聞きしました。

10年ほど前までは、原土を使っていたのだけれども、
それが取れなくなって、この10年は瀬戸や唐津の土をいろいろ試しているそう。

「原土を使っていたときと、今と、何か変わりましたか?」
とお聞きしましたら、

「やはり仕上がりの雰囲気は違います。色の出方とか」

「だから、いつも、ちょっとずつ、
いろいろ試しながらやっています」

「こういう色に仕上がるだろうって妄想して、
窯を開けてみたら全然違って、落ち込んだり、
それの繰り返しです 笑」

とおっしゃっていました。

なんと、田谷さん、独立して窯をもってから今年で20年だそう。

「自分らしく作れるものを、自然の流れの中でやってきた。」


「田谷直子展」
そんな田谷さんならではの器たちが並びます。
ぜひ、出会いにいらしてください。


田谷直子
1973年 神奈川県生まれ
1996年 明星大学日本文化学部 生活芸術学科 卒業
1997年 同大学陶芸専攻研修生 修了
自宅工房にて制作開始


青ルリ、はちみつ、土色、白茶、きなり、グリーン、etc
冬のお料理をひきたててくれるのは、
こんな綺麗色の器たちです。
土ものらしい、おおらかなフォルムに、
釉薬の面白さがあいまった、
田谷さんならではの魅力ある器が並びます。
ぜひお出かけください。

 

会期 2017年11月25日(土)~12月1日(金)
会期中無休
営業時間 12時~19時 最終日17時まで

 


うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14 原町田ハイツ101
TEL 042-727-7607
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 – 19:00
定休日 日・月・祝
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

小田急線・JR横浜線 町田駅より徒歩10分〜15分
※専用駐車場はございません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。

ももふくHP
オンラインショップ
入荷のお知らせ
店主日誌
地図
Twitter
Facebook
instagram