うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

山田隆太郎展 4 三島手

161026_1

161026_3

山田隆太郎さんの三島手。カッコいいです。

あっさりとした三島ですが、薪で焼かれた器が持つ独特の質感とあいまって、味わいのある仕上がり。

同じ器でも、一客ごとに全く違った表情をもっているので、どれもが一点ものといった感じです。

161026_5

上画像 三島7寸鉢 径20.5cm 高さ6.5cm 6480円

161026_2

上画像 三島茶漬碗 径16cm 高さ7.5cm 4860円

 

161026_4

三島飯碗 径12cm 高さ6cm 3240円

この飯碗は、上の鉢とはまた違った柔らかで上品な雰囲気です。

 

三島手というのは、土台にヘラや櫛や印を使って模様をつけて、そこに白土を埋め込む「象嵌」という技法で作られたもののことです。

李朝時代前期(15〜16世紀)に朝鮮半島で多く作られていた技法で、韓国では粉青沙器といわれています。

この器を当時の日本の茶人たちが愛用し、その文様が伊豆国三島で版行された三嶋暦に似ていることから「三島手」といわれています。

同じ技法を使っていても、作り手によって雰囲気がそれぞれ違うので、その違いを楽しんで集める方もいる人気の器なのです。

 

 

山田隆太郎

山田隆太郎展
会期 2016年10月22日(土)〜29日(土)
12時~19時 最終日17時まで
会期中無休

ゴツゴツと粒子の粗い土を使い、大胆ながらも繊細なラインをもつ器たち。土ものならではの魅力あふれる作品が並びます。
ぜひお運びください。