うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

目跡のはなし

160827_1

「このポツポツとしたもの何ですか?」

って、結構聞かれます。

「これはキズですか?」

「ここきら染みたりしますか?」

って聞かれます。

 

160827_2

これ。器の中心にある、ぽつぽつ、ザラザラした跡。

「目跡(めあと)」っていいます。

器を重ねて焼いた際の跡です。

キズではありません。

器を重ねて焼く際に、上の器の釉薬と下の器の釉薬同士が溶けて、ひっついてしまわないように、小さく丸めた粘土の粒などを器と器の間にかませるのです。

その粘土の粒を、焼いた後に取った跡が「目跡」です。(←これ、ひらがなで全部書いたら、なんだかさっぱりワカラン文章ですね 笑)

貝殻を使ったものなども昔はよく見ました。最近あまり見ないです。こうした小さな部分にも流行ってあります。

 

で、この跡、意外にも「ここから染みたり」しないんですよ。

この部分は、なぜだかしっかり焼けている。

染みたりするのは他の場所で、釉薬に入る貫入やピンホールからになります。

 

この目跡、量産品にはあまり見られません。それは何故かというと、大きな窯だと、器を一気に大量に焼き上げられるから。重ねて焼く必要がないのです。

でも、作家ものだと、結構あります。窯、小さいですからね。一度に沢山焼けません。

でも作家は、むしろ、あえて「目跡」をつけて楽しんでいます。器の景色のひとつとして、わざわざ、つけていたりするもの。

わたしは、この「目跡」のあるものが好きで、やっぱり「わざわざ」それを探して選びます^^

やっぱり、なんだか景色がいい。お料理盛ると隠れちゃうんですけれどもね。

そういうところにも「器」を選ぶ楽しさがあるのでありますよ。