うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

沖澤康平さんのガラスと古川桜さんの磁器

160607_1今週の土曜日より「沖澤康平(ガラス) 古川桜(磁器) 二人展」がはじまります。

今回「二人展」にしたのには理由があるのです。

店の中で、沖澤さんのガラスを並べているときに、たまたま古川さんから入荷があって、お二人の作品をなにげなく隣あわせに置いてみたのです。

そうしましたら、とっても感じがよかったのだ。

お二人の器が持つ、雰囲気とか、輝きとか。並べると、すごーくいいなぁ、と思って。

言葉にすると陳腐なんだけれども、そこに作られる空気感が、さわやかで、いいなー、と思って。

「夏に、この二人で展示会をしてもらわなければ!」

「この空気感をみてほしい」「感じてほしい」「持ち帰ってほしい」

って思ったのです。

 

160607_2写真が本当に上手く撮れなくて、ここに存在する空気が伝えられなくて、残念やら、くやしいやら。

12年も、ほぼ毎日撮影しているのに、いまだにヘタクソなのは、やっぱりダメなんぢゃろうね。カメラマンには絶対になれんのぅ。

そんな私が撮影した画像で、皆皆さまに申し訳ないのでありますが、画像では伝えられない、素敵な器たちが並ぶ展示会なのです。

今回の二人展。

素敵な展示会になると思います。

梅雨もふっとぶ、さわやかさです。

楽しみにいらしてくださいませ。

 


 

2016_05・ももふくDM01oL
6月11日(土)〜18日(土) 沖澤康平(ガラス)・古川桜(磁器)二人展

涼やかで透明感のある沖澤さんのガラス。

清々しいたったで描かれた古川さんの色絵や染付。

夏の食卓をさわやかに演出してくれる器が並びます。

皆さまぜひおはこびください。