うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

器の裏側

光藤佐

「器の裏側が好きなんです」

とその方はいいました。

「器を洗って、こう、伏せて置いたときに、あぁ、いいなぁって思うんです」

「器の裏側が好きなんです」

とその方はいいました。

 

器の裏側。

土ものの器は特にそうですけれども、器の裏側に、美しい景色のあるもの、けっこうあります。

器は表側にお料理が盛られますし、普段目にはいるのは表ですから、表の表情を気になさる方は多いのですけれども、実は、作り手は、この裏側の仕事にこだわりがある方も、多いです。

高台の削り方、高台まわりを土見せにするか、釉薬をかけるかどうか。

その仕上げ方によって、器全体に与える印象が変わるからですです。

その小さなディテールが、器のシルエットを左右するから。

この考え方、もともとは、お茶、茶道具の造りからきています。

その上、やはり器を手に持つという文化もあると思います。

手にしたときの、感触、風合い。

何を美しいものとするのか。何を心地よいものとするのか。

 

普段、何気なく手にする飯碗や小鉢などの裏側は、作り手が、とても意識して仕上げているものです。

作り手の美意識が宿るところでもあります。

 

「器の裏側見ていると幸せな気持ちになります」

とその方はいいました。

作り手にとって、とても嬉しい言葉に違いありません。

 

私も、器の裏側、すごく見てしまいます。ここが美しい作りのものが好きなのです。

ここが決まっていると、やっぱりカッコいい。

 

器の裏側。

少し気にして見てみてくださいね。

作り手の美意識を感じてもららえれば嬉しいです。