うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

中央公論2014年4月号「美の国・日本の伝統を次世代にどう伝えていくか ドナルド・キーン×根本二郎」を読んで

増田勉

増田勉作 半磁壷 径13cm 高さ15.5cm 9720円

お正月の、松とか、竹とか、梅とか、活けたらカッコいいですよ。

 

師走ですな。

だいたい年末になると体調を崩すのですが、今年は、それが今きていまして、全身蕁麻疹に襲われています。

日頃の不摂生の賜物。メデタイ。

痒みが治まらないので近所の病院に行きました。(おかげでようやく治まってきた)

近頃の病院は、どこでも、いつでも混んでいる。

待ち合いの時間が長いのだ。あぁタイクツ。

手持ち無沙汰なので、近くにあった中央公論2014年4月号をパラパラしましたら「美の国・日本の伝統を次世代にどう伝えていくか ドナルド・キーン×根本二郎」に目が止まりました。

深い。

ドナルド・キーン氏がいってました。

「世界中に美はあるけれども、日本の美は独特なのだ」と。

↑うろおぼえなのでニホンゴが違いますが、こんなニュアンス。

そこには、自分の中でも失ってしまったような、もしくは、そもそも知らないような日本の美について語られていて、とても興味深い内容でした。

たまに病院にいくのもいいものです。

 

ぢゃなくて。

 

 思うのだ。

戦後間もなくはあった、それまで日本人がはぐくんできた「美」意識の部分を、ここ数十年で急速に失っていっているのだろうということ。

そしてそれは、もう大多数の日本人にとって必要のないものなのかもしれない、ということ。

これからも廃れていく一方であろうということ。

それでいいのか、ともがいている人もいるけれども。

今、それが間に合うか、というところにあるのだろうな、ということ。

 

なんとかしたい。

 

日本の美は、この国に暮らす人にとって、ここで生きることそのもの、なんだけどな。

これを取り戻し、新しい形にし 、次世代に伝えるのは、いま大人をしている私たちの仕事。

 なのだ。