うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

作家ものの器が並ぶ食卓はうるさいのだ

141210_7

増田勉作 ぐい呑み いろいろ 各2700円

 

 

「作家ものの器ばっかりの食卓なんて、うるさくて、気持ち悪いだろ」

と、ある人は言う。

 

そらぁ、そう。そうなのだ。

作家ものの器って、その作り手自身だもの。

いろいろな作家の器をならべたら、あーだ、こーだと、それぞれが、それぞれを主張している。

その上、自分の作った料理がのっかっちゃっているものだから、賑やか。

 

濃ゆいのだ。

 ぎゅっと何かが詰まったものたちが発する、その気配。

 

器が語ったり、するわけじゃぁないのだけれども。

器を作った本人と、おしゃべりするのとは、全く違うのだけれども。

賑やかだ。

器を作った人の真ん中の部分、人の部分が、そこにある。

 

だから。

 

作家ものの器が並ぶ食卓はうるさいのだ。