うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

器にあらわれるもの

141205_1

 

器には作った人があらわれている。

作家の、それを作った、その瞬間が、あらわれている。

その人、そのものだ。

 

ということを言ったりしますと、

「じゃぁ、感じがよい人が作ると感じがよくて、感じが悪い人が作ると感じが悪いんですか?」

と言われたりします。

 

でも、ちょっと、そういうこととは違う。

例えばその人の性格、みたいなものは、確かにある。

豪快なのか繊細なのか、せっかちなのかおおらかなのか、みたいなものは確かにあるし、それは結構わかりやすくあらわれていると思う。

けれども、そういう表面的なこととは別のものが、そこにはある。

 

その人の芯の部分、それを作った瞬間のゆらぎみたいなもの。

その人の抱えているもの。その人の魂みたいなもの。

どう向き合っているか。

 

形のあるものは「すがた・かたち」に目を奪われがちなのだけれども、そのものの持つ芯の部分、目には見えない、言葉にはできないものだけれども、そこに存在する、その瞬間のその人自身が、そこにはある。

その人のありよう。

それがあらわれている。

作家の器はそういうものです。

 

 

12/5(金)・12/6(土)・12/7(日)の3日間、10周年記念セール開催。

店頭商品をレジにて10%offとさせていただきます。

あの器もこの器も10%offです。

欲しかった器、年末年始に活躍する器、ぜひ手にしてください!

(なお、申し訳ございませんがセール期間中、カード決済はご利用いただけません。また、新入荷商品および取置き品につきましてはセール対象外とさせていただきます)

皆さまのご来店をお待ちしております!