うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

藤吉憲典展 6 唐草

藤吉憲典

藤吉憲典

藤吉憲典

染付唐草文段付鉢 径21cm 高さ7.2cm 108000円

 

 

141028_5

141028_19

染付鳳凰唐草文6.5寸皿 径19.8cm 高さ3.8cm 43200円

 

 

141028_6

141028_7

 染付鳳凰唐草文楕円大皿 径25cm×20.5cm 高さ4cm 54000円

 

古伊万里の華といわれる唐草文。この雰囲気のものは江戸中期、1700年代によく描かれていた文様です。

伸びやかでリズム感のある細い線にやわらかなダミで描かれた文様が上品。

唐草文の中に描かれた菊花や鳳凰の余白も絶妙でとても美しい器です。

藤吉憲典さんは、絵付けをする際には、ほとんど下書きをしないで筆を進めているのだそうです。

なんで失敗しないんだろう・・・・・じーっと見ていただくとお解りいただけるかと思いますけれども、唐草の葉や花、細い輪郭が描かれた中をダミで染めているんですよねぇ。

どーなってるんだろう!

この絵付け、独学だそうです。

陶磁メーカーのデザイナー時代に職人さんの筆使いを見ながら学んだとか。

すごっ。

作家って、作家って、

そういう人種なのだ。