うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

光藤佐 白磁面取ぐい呑み

光藤佐 白磁面取りぐい呑み

手のひらに納まる小さな器。

ぐい呑みというか盃というか。

溜まるガラス釉に入る貫入に、おもわず見入ってしまう。

何がカッコいいって、この佇まい。

静かなワケではない。

かといってうるさいワケでもない。

ただ、ただ、強く存在を主張する。

「一献どう?」

秋の夜に。虫の声と一緒に。

径9cm 高さ4cm 10800円


 fjdm2014_01

 

藤吉憲典展

2014年10月25日(土)〜31日(金)

「100年後、1000年後と残るものをつくりたい」

と藤吉憲典さん。

その言葉に表されるような、いつの時代にも古びない

凛とした美しさのある器が並びます。