うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

茄子と胡瓜と茗荷の浅漬け

八田亨 三島5寸鉢

暑くて。暑くて。

火を使うものはなるべく避けたい。

というわけで体を冷やすようなものばかり作っています。

茄子と胡瓜と茗荷の浅漬け。

茄子と胡瓜を生姜を適当な大きさに刻み塩揉みして少量の鰹節と醤油につけ込み刻んだ茗荷と和える。

さっぱり。

今晩はこれにお造り(帰宅する時間に売っていれば)と赤出と枝豆と冷酒で。

お造りには日本酒ですよ。

やっぱり。

としみじみ思う今日このごろです。

今日の器は八田亨さんの三島手。

豪快でカッコいい。

和食も合うけれども、ラタトゥイユなども合いますよ。

「三島手は古くさい感じ」って言われるのですけれども、そぅお?

器って組み合わせ。

確かに洋皿には合わせにくいかもしれませんけれども、南蛮や白磁やガラスと合わせると素敵ですよ。

あ、この三島手の器は、いくつか在庫があります。それぞれに味わいが違いますので、ぜひ選びにいらしてくださいね。