うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

藤吉憲典 染付青海波文蕎麦猪口

藤吉憲典 青海波文蕎麦猪口

人気の文様です。

もともとは、源氏物語第七巻「紅葉賀」で光源氏と頭中将が舞う、雅楽「青海波」の装束に用いられた文様とされています。

吉祥文とされ、器に限らず、着物や和菓子のパッケージなどでもよく目にする文様で、普段から親しみのある文様ですよね。

渋く、粋。

季節を問わない文様ですから、使い回しのきく一つは欲しい文様の蕎麦猪口です。

6480円