うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

くるみのカッティングボードの取り扱い方

140712_1

オイル仕上げのくるみのカッティングボードです。

カッティングボードとして食材を切ったりするのにはもちろん、お料理をのせて器として使っても素敵です。

無垢の木ならではの表情や雰囲気があり、とても人気があります。

さて、このカッティングボードのお手入れ。

食材を切ったり、お料理を盛った後には、普通に洗剤で洗っていただいて問題はありません。

が、濡れた水のしたたるものを、長時間、プラスチックや樹脂の水切りトレーやカウンターなどに置きますと、カウンターのほうに色がついてとれなくなってしまうことがあります。

これはカッティングボードに染込ませてあるオイルが流れ出るせいもありますし、くるみの木自体のアクがでるせいでもあります。

洗った後は、ふきんで拭いてから乾かすようにしたほうが、カウンターなどへの着色が防げます。

無垢の木のオイル仕上げの器も同じです。

少しだけ、手をかけてやってくださいね。

樹脂などは着色されやすい素材です。どうぞお気をつけくたさい。