うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

田谷直子 灰釉グレー4寸リム皿

田谷直子 灰釉グレー4寸リム皿

灰釉グレーの小皿。ガラス質の釉薬に入った貫入が素敵なのだ。

小さめの取皿として、ちょっとしたおかずを乗せたい皿。

卵焼きとか、海苔とか、佃煮とか、漬け物とか、和菓子にもいいですよ。

径12.5cm 高さ2cm 1944円

さて、よーく見ていただくと右側の皿に、点、点と、白い模様が見えると思います。

これを「目跡」といいます。

器を重ねて焼くときに、上の皿が下の皿にくっついてしまわないよう、上の皿の高台に粘土の粒をおいて下の皿に重ねるのですが、その跡が「目跡」です。

皿の表面にもついていますけれども、高台の部分にも跡があります。

焼く際に、一番上にくる皿には目跡はありません。

量産品の器には、まず、ありませんから、見慣れないものかと思いますが、作家ものには結構多いのですよ。

こうして焼くと、枚数を沢山焼ける、窯効率がよいというわけなのです。

作家は大きな窯を盛っている訳ではありませんので、沢山焼くには工夫が必要なのです。

とはいうものの、実際には、目跡を景色として楽しむために、あえて重ね焼きをしているという部分もあります。

古い器にはよくあります。

古いものがお好きな方や、焼き物好きな方は、こういう器がお好きです。

使う際に「そこから染みたりしないのですか?」とよく聞かれますけれども、これが不思議なことに、目跡からはあまり染みにならないのですよ。

こんな小皿だと、ちょっと漬け物を盛ったりしたときに、この目跡がアクセントになり、一種の絵柄と同じ効果があって、カッコ良く見えたりします。

目跡は器の楽しみの、ひとつ、と感じていただければ嬉しいです。