うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

般若芳行 ナラ オーバルボックス

般若芳行 ナラ オーバルボックス

木目の美しい「杢」の出たナラの木で作られたオーバルボックスです。

「杢」というのは、木目に浮き上がる文様の美しいものをいいます。

ナラの場合は、その杢の部分が虎の皮の文様のように見えるので「虎斑」といい、その部分は輝いて見えます。

上質な素材で作られているボックスなのですよ。

オーバルボックス、シェーカーボックスと呼ばれるサクラの木でできたものはよくありますけれども、ナラの木のものは般若さんの作るものだけです。

ナラの木は家具などによく使われますが、重厚で堅く加工が難しいので、このように曲木にするのには高度な技術が必要なのです。

オーブルの形も、ちょっとスレンダーでシャープな印象。

般若さんの家具作家としての高度な技術があってこその、仕上がりの美しさを堪能できるボックスです。

このボックスを「旅茶箱」にする方もいらっしゃいます。茶道具としても美しい。

さて、何を入れましょうかね。

そこに存在するだけで絵になるオーバルボックスです。

径20.5cm×12.5cm 高さ7.5cm 12600円

般若芳行(はんにゃよしゆき)さん。ご本名なのですよ。