うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

尾形アツシ 刷毛目フリーカップ

131203_1

径10cm 高さ7cm 3150円

めっきり寒くなり、夜も長くて、いっそこのまま冬眠してしまいたい、

と毎朝思う。

まー、これでもいいトシした社会人なものですから、平日は起きないわけにいかない。

えいっ、やー、と気合いで布団から這い出して服を着替え、ヤカンを火にかけて、湯が沸くのをじっと待つ。

じっと。

寒い。

湯が沸いた大急ぎで急須に湯を注ぎ、熱々のほうじ茶を冷たい湯呑みにじょぼじょぼ注ぐ。

ぎゅっと湯呑みをつかんで、手にまでお茶の熱が届きはじめたら、ぐっとお茶を飲み干す。

ほっ。

やっと目が覚める。

朝のお茶。

碗も体も一緒にああためる。

ちょうど良く温まる。

碗だけ先に温めて・・・なんてしなくていいのだw

寒い季節は厚手の湯呑み。

これに限ります。

「全くお行儀の悪い」とか、大叔母様(←ダレ?)に叱られそうだw