うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

尾形アツシ ヒビ粉引長皿

尾形アツシ ヒビ粉引長皿

魚を盛りつける際に納まりがよいのは、やはり横に長い皿。

丸い皿に盛ると余白をもてあましてしまいがちですけれども、横長の皿だとそれがない。

「土ものの長角皿はありませんか?」とお探しの方は多いです。

でも実は、作家もので土ものの長角皿というものが、あまりない。

作るのが難しいのだ。

四角く角のある器は、土が乾燥する際の張力で、角から切れてしまうことが多い。

粒子の荒い土だと乾燥の収縮率が高いので、ヒビや割れが出やすい。

そして平たい皿、タタラで作る皿は、窯の中で焼かれている間に歪みやたわみが出やすい。

何十枚焼いても、器としてとれるのは数枚だったりする。

量産品の器の長角皿は、生産効率のよい歪みのでにくい精製された土を使っているので、デパートなどだと見かける。

でも作家は、土と焼きが出す表情を大切にしてるため、荒めで歪みの出やすい原土を使う。

効率も悪ければ、歩留まりも悪い。

仕事として難しい。

なので、なかなか作家もので土もので角皿、というものには出会えないのです。

が、尾形さんは、そんな効率の悪い荒めの土を使って、器としての重さや厚さ、使い勝手の揃った角皿を作っています。

それがこの皿。

白化粧に泥ヒビがはいり、灰釉の緑色が溜まったり、御本のピンク色がでたり、鉄粉があったり、焦げ跡があったり、表情豊か。

額縁(リム)があり、中心はフラット。

アジの干物とか焼き魚を盛るのに丁度よい大きさです。

焼き鳥とか、居酒屋皿メニュー系が似合う。

魚を食べたくなる皿。

W21.5cm D14cm H2cm 5250円。

カッコいい皿です。