うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

郡司庸久 めし碗

郡司庸久 めし碗

 

すべらかな手触りが嬉しいめし碗。

「これは何釉というものですか?」

と尋ねましたら、

「これは地元の土(足尾)を使っているので、その色がでていて、釉薬自体は透明です。」

とおっしゃっていました。

グレーのようなピンクのような薄い小豆色のような、何とも言えない微妙な色合いが素敵なのです。

ごはんの白が映えそう。いい色だ。

重くはないのですけれども、手にしたときに心地よい重さを感じます。

といっても、何客かあるので、それぞれ感じは違います。

「なんか、いいんだよね。」

郡司庸久さんの器は、そういう器です。

なに風でなく、なに焼きでなく。

郡司庸久 めし碗 2100円