うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

春菊のごま和え

春菊のごま和え 器:増田勉

家で作る、ごくごくありきたりのおかずを盛った時に、美味しくしてくれる器。

そういう器が好きです。

気取りがなく、かといって個性がないわけでなく。

実用一辺倒、ではないもの。

店でお付き合いさせていただいている作り手の器は、そういうものが多い。

作り手はも必ずしも「普段使いの器」を意識して作っているわけではない。

作家としてやるからには「陶芸」を志している人が圧倒的だ。

そこには、使い手からは窺い知れない、土や釉薬、焼き方、その歴史、その仕上がりに、相当のこだわりがあり、ここは譲れない一線と、その闘い、みたいなものがある。

その上で「普段使いの器」になるべく、足されたり削られたりしたもの、が、店に並んでいる。

そういうものを、店に並べたいと思う。

そういうものの持つ美しさを伝えたいと思っています。

民藝でいうところの用の美、からは少し離れていると思う。

作家は職人とは違う。

「作家」という人が作り出す、その人の世界が凝縮された、ちょっと個性のある器。

人が感じられる器。

そういうのが好きです。

そんなことを考えながら、増田勉さんの器に春菊のごま和えを盛りました。

あいかわらず意味不明。

まぁ、それはそれでいいではないか。