うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

野鶏頭 キバナコスモス

131103_1

野鶏頭の濃紅にキバナコスモスの種を添えて。

種となって散る瞬間の「パチッ」という音が季節の終わりを告げているようだ。

枯れつつも凛と佇む姿に潔さを感じる。

こんな風に年を重ねることができるだろうか。

その前に花を咲かせねば・・・・。

あ、蕾が先か・・・。

むぅ・・・・。

2013_10・ももふくDM01oL

 「豊増一雄 余宮隆 二人展」
2013年11月9日(土) ~16日(土) 12時~18時 会期中無休
豊増一雄さんは有田で初期伊万里のもつ風合いを追求した磁器を作り、
余宮隆さんは熊本で地元の土を使い土と火が作る表情を追求した陶器を作る。
二人とも登窯の仕事。 陶芸の本質に向き合う作り手。
濃く深く渋い器、並びます。
是非、手にしにいらしてください。