うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

器の買い方・揃え方

中村一也 輪花小鉢

 

ほんのすこし昔、器は5客セットで買うというのが主流でしたし、5客セットで売っていました。

 

理由はいろいろあるようですが、「4人家族で(←少し前の家族の姿のスタンダード)一人1客ずつ+割れた時の予備で一客=5客」という考え方が主流だったからです。

 

今は、家族の形も多様ですし、セット販売という形も少なくなっていますから、必要な数だけ買うことができますし、買う時の数にはこだわらなくても大丈夫。

 

一人暮らしの方は1客づつでもいいし、3人家族の方は3客ずつ揃える、5人家族なら5客。

 

「ウチのテーブルは6人掛けだから6客づつ揃えるワ」、また「一客ずつ全部違っても楽しいかららOK」という方も多いです。

 

和食器でも、特に作家の作る土ものは、全部バラバラでも、テーブルに並べた時に、なんとなく面白みがあって、違和感がないことが多いです。

 

それぞれの席で、それぞれ違う器にお料理が盛られていても、なぜかしっくり納まる。

 

これが和食器のよいところ。

 

ですから、器を揃えて買わずに、一客ずつ、好きなものを、という集め方もアリです。

 

ただ、食卓に、ちょっとした統一感が欲しい場合は、器を揃えるときのコツがあります。

 

家族分を揃えるものと、バラバラでもいいものを、ご自身の中でルールを作る。

 

例えば、コップだけはお揃いにするとか、取り皿だけはお揃いにする、メインの中皿だけはお揃いにするとか。

 

数を揃える時は2客ずつにする、4客ずつにする。

 

などです。

 

コップだけ、小皿だけ、でも揃っているとそれなりに統一感がでます。

 

器好きの亭主のいる割烹料理店などでは、折敷(トレー)とグラスや漆器の椀だけ一緒であとは全部バラバラ、というところもあります。

 

こういう店で食べるのは、とても楽しいです。

 

ただ、土ものはバラバラでも面白いですけれども、染付や色絵の小皿や小鉢などは揃っているほうが統一感がでます。

 

絵柄があるものは、絵や色味や形がバラバラだと、少しウルサい感じになりますね。

 

いろいろ試しながら楽しんでください。