うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

木のトレーのお手入れ

$作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

一枚板のオイル仕上げのトレー。

 

使っていくと、どんどんオイルが抜けて「白茶け」てしまいます。

 

画像は、ウチのトレー。おおよそ何年も手入れなんぞとは無縁にしていたもの。(上が栗、下がくるみ。)

 

写真に撮ると、無惨な感じ・・ですが、毎日使っているので、実は、全然気にならない(のは、我が家が無頓着だから、というのもある)。

 

が、たまには手入れをしてあげましょか、ということで、今日は、オイル仕上げの木のトレーの手入れの仕方です。

 

まず、画像でもお分かりいただける通り、黒い染みになっている部分があります。

 

木のトレーに、ついうっかり、鉄瓶を置きっぱなしなしたり、お茶をこぼしっぱなしにしたりすると、鉄だの漆だのが溶け出して酸化し、色を付けてしまいます。

 

ので、まずは、それ彫刻刀などで削ってしまいます。

作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

こんな感じ。このトレーの場合、彫り跡が荒いものなので、大きめの彫刻刀で削ってみました

が、それでも削り跡が目立ちますね。ま、いいのです。

 

この染み跡などを、ヤスリなどで磨いてしまいますと、「磨かれてしまって」せっかくの雰囲気が変わってしまうので削ることにしたのです。

 

彫り跡のあるトレーなどは、木自体は本当にやわらかいので、力を入れて削ったりすると、がっつり削れて、穴になってしまったりするので要注意です。

 

削る時は、やさしく、力はいれず、控えめに、削ります。

作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

削った跡を、200番~400番の紙ヤスリで周りとなじませます。

作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

その後、全体を、なんとなーく適当に、やりすぎないように、毛羽などを拭き取るように1000番~2000番のヤスリをかけます。(これはしなくてもOK)

$作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

そうしたら、家にある食用油をウェスなどで塗込みます。

 

今日はオリーブオイルを。

 

ちなみに、作り手はエゴマ油と蜜蝋を混ぜたものを塗っている方が多いです。

 

が、家にある食用油で全然問題ありませんので、何でもいいのです。ニオイが気にならなければ。

 

すりすり。すりすり。

作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

画像だと、ちょっとわかりにくいかもしれませんが、なかり油でベトベトになります。

 

適当に塗込んで、乾かします。

 

適当に乾かしたら、乾いた布で拭き上げて完了です。

 

ちなみに、油はなかなか乾きません。

 

けっこう長い間、塗った油が染みでる感じがあります。(入荷したてのトレーなども、結構油ギッシュ♪なのですよ。)

 

ですから、油を塗ってしばらくの間は、トレーに大切な紙類などは置かないほうがいよです。紙が油を吸ってしまうので。

 

塗ってしばらくは、和紙や新聞紙など、余分な油を吸収してくれる紙に包んで収納したほうがよいですよ。(でも仕舞いっぱなしにすると、紙がトレーに張り付きますのでご注意ください)

 

油を塗ったトレーを置く場所にもお気をつけください。布や無塗装の板の上などに置くと、下にも油が移って染みます。

 

気長に、付き合ってやってくださいね。

$作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

ついでにスプーンもお手入れ。右が塗ったもの。左が塗っていないもの。

作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

ついでに、拭き漆の黒檀のお箸もお手入れ。右が塗ったもの。左が塗っていないもの。

 

箸などで、拭き漆などのものは、どうしても漆がはげてきます。

 

漆を塗り直しという方法もありますが、オイルを塗込むだけでも十分。

 

こうして、お手入れすれば、ずーっとお使いいただけますので、ぜひ、お試しください。

作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog  

じゃーん。今日、オイルを塗ったものたち。

 

新聞紙の上で、しばらく乾かして、また拭いて、完了。