うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

器の取り扱いについて 6 収納について

ただ今、和食器の基本、器を購入したら知っておきたいことについてシリーズでお伝えしています。

第6回目は収納です。

器。

器好きになればなるほど、器道にはまればはまるほど、悩むのが収納です。
で、どうすればいいか。

収納、増やすしかありません。収納増やしましょう。
コツなんてありません。キッパリ。

収納増やして器もどんどん増やしましょう、が正解です。

by器屋のホンネ!

なんて言っていてはダメですよね。

では、まじめな話。

・手作りのうつわは、大きさ・形もバリエーションが豊かであるゆえに結構かさばるものです。
重ねて収納する際には、古布などをうつわの間と間にはさんで、うつわが傷つくのを防ぎましょう。

・重ねる場合は、できるだけ同じ大きさのものを重ねます。

・違う大きさの器を重ねるときは、大きい重たい器を下のほうに、軽いものは上に重ねます。

・最近多い引出しタイプの収納にしまう場合、引出しにはズレ防止のマットなどを敷きます。これを敷かないと、引出しを開け閉めする際に、器が中で滑ってぶつかったり、割れたりします。
ちなみに、マットもずれないよう固定しましょう。固定しないとマットごとずれます!

・大皿などのを引出しタイプの収納にしまうと、その重さでどうしても中ですべって移動し、割れるようなことが多いので、大きな器は引出し収納に向いていません。棚に重ねて置く方がいいですね。

うつわはデリケートな面もありますので、やさしく丁寧に扱ってくださいね。