うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

器の取り扱いについて 1 器の底のお手入れ

ここから少しずつ和食器の基本についてお伝えしていこうと思います。

まずは、器を購入したら知っておきたいこと、です。

和食器は使い方にちょっとコツがあります。
たいしたことではありませんが知っておくと器を長持ちさせることができますので、少しお付き合いくださいね。

■お使いはじめる前に・・・

・高台のチェック

まずは高台の糸底にざらつきがないか確認してください。もし、ざらざらした感じがあるときは、目の細かいサンドペ-パ-などで軽くこするか、2客の糸底をすり合わせるなどをして滑らかにするとテーブルに傷がつきにくくなります。

食卓に傷がつくのが気になるようでしたら、プレイスマットなどをご利用することをお勧めします。

$作家もの和食器を使った器コーディネート術 -うつわ ももふく- 東京町田市 日々のうつわ使い-高台
↑ここが「高台」

「高台」というのは、器の裏側の脚の部分です。「糸底」ともいいます。

器には「高台」のあるものとないものかあります。
「三つ脚」なんていうのもあります。

器の脚、底の部分。
ここがざらついていると、テーブルを傷つけることがあります。