うつわ ももふく 

作家もの和食器の店 東京町田 

粉引の染み

以前、「粉引は染みになりやすい」って書きました。↓

粉引 構造 2 染みになりやすい理由

で、粉引の染みってどんなの? どんな感じになっちゃうの?

粉引 貫入の染み

↑ こんなになっちゃいます。「貫入」に、染みが入っています・・・・・・・・。

ワタクシは、粉引の器をおろす際には「半日ほど水にどっぷりと浸す」をしてから、毎回使う前、料理をしている間に器に水を張っておいて吸水させています。

盛りつける前に水を捨てて、ちょっと器を拭いて盛りつけをします。それでも染みはつきます。

この器はサラダを盛ることが多いのですけれども、ドレッシングをたーっぷりかけたりしますので、染みつきやすいのかも。油は貫入に入りやすいんですよね~。で、取れない。

粉引 油染み

この器、とっても好きで大切にしているのです。が、染みがついてしまいました・・・・。

これも油染み。ピンホールに油が入ってしまいました。(グレーの水玉に見えるのが染みです)

油は染みになりやすいのです。で、絶対に取れません~(泣)。

これが粉引きの染みです。

湯呑みなども、お茶のタンニンが貫入に入ると染みになりますね・・・でも湯呑の場合は、「米ぬかで煮る」のような処理をすると、しない場合に比べれば格段に染みがつきにくくはなるようです(作家談)。

「ももふくさぁぁぁぁぁぁぁん。染みちゃった!!これ取れますか???」
って、言われること多いのですけれども、残念ながら取れないのです。

で、どうするかというとー、

「気にしないでガンガン使う」

が正解です。
使って、使って、使い倒しましょう。器の神様がヨロビます!!


うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14 原町田ハイツ101
TEL 042-727-7607
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 – 19:00
定休日 日・月・祝
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

小田急線・JR横浜線 町田駅より徒歩10分〜15分
※専用駐車場はございません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。

ももふくHP
オンラインショップ
入荷のお知らせ
店主日誌
地図
Twitter
Facebook
instagram